2014年度 学園祭

学校行事最大規模のイベントである学園祭の季節になりました。長い長い準備期間を乗り越えてついに本番当日を迎えました。1日目は雨が降り来校者数に不安を持ちましたが、2日目に天候も回復し例年通りの来校者数を迎えることができました。
今年も1年生が国家試験と被った日程となってしまったため、残念ながら1年生システムコースのメンバーは不参加となってしまいました。しかし、2年生と1年生ビジネスコースのメンバーを合わせれば昨年より人数に余裕があるため、久しぶりに3階実習室での展示を行うことができました。2階講義室のみだとどうしても広さの関係で展示物が少なくなってしまうため、3階実習室を使った展示ができるのは規模が大きくできてとても遣り甲斐があります。

3階展示ではIT技術を体験できる展示を中心に行いました。モーションキャプチャーやAR、Androidアプリなど生徒の持つ技術を駆使し、「東北コンピュータ専門学校の生徒はここまで出来るんだ!」ということを来場者に示してもらいました。

AR体験! 吊るされたポスターをタブレットのカメラ越しに見ると、そこにはない何かが見える!

AR体験! 吊るされたポスターをタブレットのカメラ越しに見ると、そこにはない何かが見える!

右下の機械でその先にいる人物の動きを読み取り、画面内の3Dで表現された人物に反映さています

右下の機械でその先にいる人物の動きを読み取り、画面内の3Dで表現された人物に反映さています

Androidアプリは傾きセンサーやタイマーなどを使いミニゲームを3つ作成しました

Androidアプリは傾きセンサーやタイマーなどを使いミニゲームを3つ作成しました

2階展示では最新のIT情報発信やゼミの中間発表、ビジネスコース壁新聞を行いました。それぞれ各担当が時間を掛けて考え作成した内容となっています。当日も説明担当を付けて来場者に学校の内容を知ってもらおうと頑張っていました。

それぞれの内容を模造紙に書き出し来場者に見てもらいました

それぞれの内容を模造紙に書き出し来場者に見てもらいました

2階では喫茶も行いました。昨年は人数不足により開けず悔しい思いをしましたが、今年は皆の頑張りにより再開することができました。それでも大人数というわけではないので、品数は控え目での開店となりました。商品は定番と化した感があるチュロス、ワッフル、シュークリームです。実績のある安定した商品選びですが、目新しいものも欲しいところでした。

頑張って2日間の目標販売数を達成させました

頑張って2日間の目標販売数を達成させました

学園祭はただのお祭りではなく教育の一環として行われています。他者との協力、数ヶ月にわたる計画と実行、作品へのクオリティ追求など様々な学ぶべきポイントがあります。この学園祭では生徒それぞれに反省点があったことと思います。それをシッカリと考えて、受け止めて次回の何かしらに生かして欲しいと思います。
今年もたくさんの卒業生が学園祭に来てくれました。それぞれの現状を聞き、元気な姿を見ることが教職員の励みになります。貰った元気を生徒に還元し、これからも頑張っていきたいと思います。

ここからは学園祭とは関係ない話です
前回の記事は八重樫先生に書いてもらいました。「月に1度は更新しないとイカン」ということで始めた先生の適当なつぶやきです。特に話題のネタの制限はしていないので、誰が何を書くかは書き上げたものを見るまでわかりません。月毎に担当が変わるので先生方の色々な話題をお楽しみに。