高等学校教員の方へ

歴史とした教育環境

 本校は、昭和59年、青森県トップの情報処理系専門学校として出現しました。
 平成6年には、通産省の第一回「情報化人材育成学科」に認定されています。本認定は最新の技術指導が行える学校にのみ与えられ、施設・設備・教員スキル・学習内容などに適格性を認められたのは、当時、全国364校の情報系専門学校の中でもわずか34校にすぎませんでした。その後にも厳しい審査に合格した学校は北海道・北東北地方では本校だけであり、発足以来全4期連続認定の栄誉を受けました。
 平成18年には、本県初のIT人材育成特区として、情報処理国家資格「基本情報技術者」及び「初級システムアドミニストレータ」の午前試験免除校に認定されました。
 実務経験豊かな教員による少人数制の授業体制で、IT知識と技術が確実に学べる指導ノウハウと環境を整えています。
 また、姉妹校だった東北経理専門学校のカリキュラムとノウハウを引き継いで、平成24年に情報処理科ビジネスコース〔1年制〕を設置しました。

生涯有効なを手につける

 近年、大学全入時代と言われています。大学は研究に勤しみ、専門学校は職業人(スペシャリスト)を育成する学校です。本校では常に業界の動向を把握し、知識や技術はもちろんのこと、学生が将来、社会で生き抜くために必要な「豊かな人間性」「即戦力」を育てていきます。

 先生方におかれましては、大切な生徒の将来を左右する進路選択で、様々なご心配があると思われます。少しでも安心していただくために、個人、または大勢での学校見学や体験学習など、お気軽にご相談ください。お待ちしております!
 また、本校のサポートの一部をご紹介させていただきます。よろしければこちらのページもご覧ください。